佐々木侑太のブログ

ギタリストによる日常・音楽記事 質問や相談にも答えています。どしどしお問い合わせください!

【音楽をはじめたきっかけ】質問箱にきた質問に答えてみる

今日はとても暖かかったですね。

 

そんな日でもお腹を壊している

そんな佐々木です。

 

今日も質問に答えます!

 

f:id:yutasasaki_gt:20200121002116j:plain

 
きっかけ

 

初めてギターに魅力を持ったのは15歳

 

B'z15周年の渚園のライブ映像を見た時に。

 

月光という曲があるんだけど、

 

イントロを松本さんが

ライブアレンジで弾くんですが

 

そのクリーントーン

心を打たれました。

 

早弾きとか、ロックリフとか、

ありきたりな理由ではなく…

 

しかもいわゆるドライブサウンドではなく

あのクリーントーン

 

 

そこでギターという楽器の魅力を感じました

 

 

ギターを始めるまで

もともとラルクGLAY、hideなどを

母親の影響で聴いて育ったのもあり、

 

その年頃からギターに注目しながら

改めて聞くようになったんですね〜

 

ヤマハのフォークギターが

実家になぜかあったので、

すこし触ってみたりしてました

 

 

だけど高校入学してまた部活三昧で、

ほんとたまに触るくらい。

 

 

でも部活引退した後の18歳になる冬に

 

ついに感情が爆発

 

 

ギターキッズになってしまいました。

 

 

本格的に弾き始めてから 

最初にギターに興味を持ったあの日から

ありとあらゆる音楽に触れはじめました。

 

ときにVan Halen

 

ときにIron Maiden

 

ときにKISS

 

ときにBon Jovi

 

ときにDeep Purple

 

時にELT

 

など。

 

HR/HMキッズになっていたところに、

やっとギターを思いっきり弾ける時間が

確保されたんです。

 

そりゃあもう来る日も来る日もギター

 

ひたすらいろんな曲をコピーしてました。

 

 

大学進学

それから大学に入って、

最初は野球を続けようかな〜と思ったりしてた。

 

高校の部活のコーチみたいなこともしてたんだけど、髪色が派手になってから顔出せなくなったり笑

 

そんなとき仲良くなった友達の1人が

音楽をやっていると聞いて一緒のサークルに。

 

 

もうどこにもあるようなただの軽音サークル

 

 

でも上手い人がいて教わったり、

スタジオ(ミキサーとかエフェクターとかアンプとか丸ごと含めて)の使い方の知識はそこで得たり、

趣味が合う人からいいバンド教えてもらったり

 

あとはみんながやりたい曲とか聴くから

めっちゃ音楽の幅が広がった。

 

 

在学中は自分のバンドもやってて、

東京でライブもするようになったりして

 

わりと深い4年間だったなぁと今更思う笑

 

 

4年生のころにバンドが解散して、

サポートミュージシャンみたいな職業に興味を持つようになるわけだけど

 

そこからの人生はまた今度ゆっくり。

 

 

これだけは外せねえ

先ほど話した、

実家にフォークギターがなぜかあった話。

 

なぜか。

なぜだろう。

 

いまだにわからない。

 

なぜヤマハくんと出会ったかって話。

 

ギターに興味を持ったササキ少年は、

反抗期だったのもあって

親に喋ったりはしませんでした。

 

でも親というのはすごいもので、

 

察するんです。

 

ある日家に帰ったササキ少年の部屋に

ヤマハくんがいたんですよね。

 

後々、元から家にあったと言っていたが。

 

心を見抜かれたような気がして、

デリケートだったササキ少年は

大きな音では弾きませんでしたが、

今となっては感謝ですね。

 

ちなみに最初に弾いたエレキギター

母の兄弟であるおじさんにいただいたものでした。

感謝です。今でも仕事で活躍しています。

 

音楽をやる運命だったのかと、

たまに考えることがあるけれども、

感慨深いですね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今日はこんなところで。

 

ちなみに最初にコピーした曲は

B'zの「もう一度キスしたかった

 

 

 

 

 

 

 

【楽器演奏可能物件】質問箱にきた質問に答えてみる

とある質問を頂きました

 

f:id:yutasasaki_gt:20200115215517j:plain

 

 

今日は楽器演奏可能物件について

自宅作業での音の出し方とか

 

どうも佐々木です

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 自分の環境から結論を言うと、

 

防音、吸音などの対策は基本していません

 

とはいえヒントになるような話をしていきたいと思っています!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

環境 

 

 

1.現在はワンルームの普通の部屋

 

ですがアパートではないので、

隣の部屋があったりするわけではないです。 

 

あと屋上があります

 

 

2.その前はギタリストの友人と

同居していました

 

その時はマンション(古め壁薄め)の2LDK

 

3.その前は実家

一軒家に自分の部屋があるかたち

 

 

このような遍歴なのですが、

一番音を出せたのは3.実家

 

もう言わなくてもですね

 

割と田舎(ド田舎ではない)だったので、

結構音を出しても外から苦情が来ることはありませんでした

(家の中からはあった笑)

 

昼間なら平気でヘッドアンプ

マーシャルキャビ4発から出したりしてたので

非常にいい環境でした(遠い目)

 

2番目は今のとこかなあ

 

前の家のエピソードがあるんだけど、

ストリングスの打ち込みを割と大きな音でやってたら

掲示板みたいなところに、

 

※夜中にヴァイオリンを弾くのをやめて下さい

 

と書かれたことはありました

すみませんでした。

 

やっぱり壁が薄かったりした古いマンションだったので、

気は使いましたしストレスでしたね〜

特に実家からすぐ住んだ場所だったので

 

そこからは防音や吸音などの対策も考えました。

 

でも結局大きな音を出したかったらスタジオに行くし、

練習はアンシュミとヘッドフォンでした。

 

それは今も変わらずです。

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

物件探しについて

 

本当に申し訳がない上に

恥ずかしい話であるのだが

 

僕自身、

不動産屋に行ったり、

立会いで内見みたいなことしたことがない

 

友人の家に後から入ったり、

知人の住んでた家を引き継いだりしたからだ

 

とてもラッキーだしこんな奴の話を聞きたくない気持ちもわかる。

僕だったら最後まで見ない(真顔)

だが真剣に答えているので見て欲しい(切実)

 

でも悩む時期はもちろんあった

 

その時に色々な人に聞いた話を参考にして欲しい

 

 

1.鉄筋

何と無く想像が容易いが、

鉄筋はマストっぽい。

木造は音が響くし、

何より通り抜けるみたいです。

 

2.角部屋

これもなんとなく理屈が伝わると思うが

単純に"隣の部屋"という僕らの敵が一つなくなる。

 

3.内見の時に壁に触れてみる

"なんとなく"が分かる人だったらなおよし。

"なんとなく"厚そうな壁だったら最高。

それ以上のもはない、と言われました。(もうオカルト)

 

4.横より縦に気を遣う

物件によっては歩いてるだけで音が響く感覚があります。

そう言うところは大抵、上の階の人の足音が気になったり、

下に響いたりするのでは?という不安が襲います。

 

そんなとこで床にアンプ置いて弾けたものではないです

 

遊びに行ったり、経験上の超偏見コメントをすると、

割と高さのあるマンションで、築が新しい角部屋は安心できそう(勝手)

 

 

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

でかい音で弾くと言うこと

 

ここでは僕自身の経験談になります!

 

実家を離れ、壁の薄いマンションでの生活では

でかい音はしばらく出せませんでした。

 

そうなってくると大変なこともありました

 

1.ミスを恐れるようになる

 

でかい音にビビっちゃうんですよね笑

ヘッドフォンで自分だけが聞いていた音が、

他人にも聞こえていると思うとゾッとしました

 

自己陶酔ギターキッズだった僕も参った時期がありました

 

こじんまりして、

気持ちにもフォームにもよくなさそうですしね

 

あと

2.単純に下手に感じる?

 

久しぶりに真空管アンプなどに繋ぐと

上手く弾けなかったりします

 

タッチの感触も違えば、

音の立ち上がりなどもずいぶん違いますからね

 

上手く分けて付き合っていきたいのですが、

家でこじんまりヘッドフォンで

弾いていると気になってしまいます

 

なので出来るだけ多くの時間を

でかい音で弾いていたいですよね

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

対策として

 

対策はなんとも言えません。

 

結局どの物件でも(特殊は除く)

基本的には大きな音はNGですし、

僕も今の家で特別でかい音を鳴らせるわけではないからです

 

なので対策は打たない!!

スタジオに行く!!

 

その方が結局安上がりで、

ストレスもなく、いい結果になることもあります

 

---ただし---

でかい音を出すのが目的ではなく、

アンプをマイク録りしたいとかだったら

話は別ですよね

 

それなら、

アッテネーターを買う、

アンプサイズの防音ルームを作る、

など対策はいくらでもある!!

 

マイクで歌を取るときとかは、

目の前にタオルを垂らしたり。

 

部屋全体の話だと、

ダンボールでも効果はあるみたいだし、

一枚壁を作ってその間に毛布や布を入れたり、

とかね。

 

先輩が今度部屋を改造すると言っていたので

今度詳しく話を伺おうと思う。

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結果

 

本当にあてにならない発言ばかりして

大変申し訳がないんですが

見てくれてありがとうございます。

 

本当に爆音人生を歩みたかったら

普通の借家では限界がある!

ミュージションなどの専門的な部屋を借りたいところ。

 

あとは都内近郊あたりで一軒家借りちゃうとかもいいと思う。

仲間内とかでね

 

半分諦めも必要で、

可能な限り音を出す対策をそこで取るのが

一番理想である。

 

 

とあるギタリストの話をします。

その方は引っ越し当日に菓子折りを持って

上下横の部屋に挨拶に行ったそう。

 

こういう職業をしていて、

昼間の時間帯は大きい音が漏れるかもしれませんので、

ご理解いただきたく思います。

 

まずはこういう誇らしいほどの

腰の低さが一番の対策かもしれませんね。

 

僕も近所の方々とは

上手く付き合っていきたいですし、

もうヴァイオリンを夜中に弾いてると思われたくないですしね。

 

 

 

 

 

 

【ギターを始めてよかったこと】質問箱にきた質問に答えてみる

 部屋の湿度は60パー

どうもササキです。

 

湿度は現在の話

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

本日から質問箱を始めました!

質問お待ちしております。

 

質問箱で募った質問は

このブログでも答えていきたいなあと思っていたところ

 

とんでもなく良い質問を頂きました。

 

f:id:yutasasaki_gt:20200114211349j:plain

 

ブログ駆け出しの佐々木に素晴らしいネタを頂いてありがとう

 

答えさせていただきます

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

結論から

 

・好きなこと(聴いてきた音楽)を

 言葉以外で表現できた

これが"ギターを始めて"良かったこと

 

 

言葉ではなく表現できるんです。それってすごくない?

 

 

・TVの中で見てきた(憧れの)

 場所、人、物に触れられた

これが"ギタリストになって"良かったこと

 

こういう感動って次第に薄れていくのかな、

って思うけど大事にしたいよね〜

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

回想シーン

 

僕がギターを"ちゃんと"始めたのは18歳になる頃でした

 

正確にいうと中3の春休みくらいにほんの少し触り始めたり、

高校生の時も少し触るくらいはしてました

 

"ちゃんと"始めたというのは

そこからずっと弾き続けている、

曲のコピーを始めた、

とかの意味です

 

そのころはひたすらに

B'zの曲をコピーしていました(きっかけ)

 

こうしたら上手くなる、とか

基礎練をやって、メトロノームに合わせて...

理論はこうで...

とか一切考えず、やらず、

"ひたすらB'z"時代

 

TABの正確な見方もわからないから

書いてあるポジション鳴らして

音源聴いてみて、何個目の音がこの番号で...みたいな

 

あとは弾いてみたをみたりとかね

 

ある程度覚えたら実際に音源に合わせてみたり

小慣れてきたらライブ映像見ながら弾いたりとか

そりゃあもう楽しかったです

自分に酔いしれていました

 

弾けない苛立ちとかなく、

ただひたすらに弾きまくってました

楽しいんですから

 

しかも周りで弾いてる友達がほぼいなかったのも救い

他人と比べる必要がなかったのです

 

ただ自分だけに酔ってるギターキッズでした

 

このあと大学に入って色々なジレンマとかあるんですがこの辺で

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

・好きなこと(聴いてきた音楽)を

 言葉以外で表現できた

これが"ギターを始めて"良かったこと

 

 

 

ほぼ自分に酔いしれていただけだけど、

初めて好きな曲を音で表現できた(弾けた)時の

感動は何にも比べられないものがありました

 

 

まあ正直いいこと言いたいだけなんですが、

この曲カッケェ!!っていう中に

入り込めるんですから

楽器演奏ってのは本当に魅力です

 

 

 

  

・TVの中で見てきた(憧れの)

 場所、人、物に触れられた

これが"ギタリストになって"良かったこと

 

言わなくても伝わりますよね

夢の舞台に今度は自分が立てたのです

自分の演奏したもので人を揺るがす番なのです

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

少し話し過ぎてしまいましたが

 

ギターを始める

ことについて僕の経験談です

 

ギターって楽しいかなあ?

とか

弾けたらいいなあ

とか

 

みんな各々考えてると思うけど

 

めちゃくちゃ楽しいです

 

上手く弾ける必要なんてないし、

 

好きな曲に合わせて

チャカチャカするだけでめっちゃ楽しい

 

特に始めた頃なんてひとつひとつが感動で刺激で

人生が豊かになる

 

ギター以外もそうだと思うし

なんでもまずはやってみよう!って

自分に言い聞かすいい機会になりました

 

ありがとうございます

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おまけ

 

この記事を書いている間に聞いていた曲たち

MOTEL-B'z

ONE-B'z

Calling-B'z

 

弾いてたな〜〜

 

【blog開設】はじめまして!

最近の口癖は

 

「一生お腹痛い」

 

どうも、お腹を壊して1週間

ギタリストの佐々木侑太です。

 

f:id:yutasasaki_gt:20200113230801j:plain

 

この度ブログを開設いたしました!

2020年は頑張って記事を書こうと思います。

 

このブログでは主に音楽のことで、
気になったことや、演奏、理論、技術、仕事、
はたまた自分のことや知人アーティストの紹介など、
いろんなことを発信していきたいと思います!

 

〜〜〜〜〜〜

 

じゃあ例えばどんなこと書くの?

って感じだと思うんだけど、

具体的にどんなこと書くかはまだ決まっておりません!

 

とはいえただの日記にはしたくないので、

生産性のあるブログにします!

 

〜〜〜〜〜〜

 

考えてることとしては、

 

例1)仕事の仕込み、曲を作る手順を丸っと等の自分の生活について

 

例2)アーティスト、ミュージシャンにインタビュー

 

例3)練習法、時間活用法等の豆知識

 

例4)本当にあった○○な話

 

などです!

 

〜〜〜〜〜〜

 

f:id:yutasasaki_gt:20200113232702j:plain



何はともあれ、

今後色々と発信していくので宜しくお願い致します!

 

 

佐々木侑太

Twitter Instagram